遠近法ノート(移転してきた)

本好きのデザイナー、西岡裕二の日記帳なのです。デザインと読書について書くはず。

イラレでクレヨンふうのラフな線を描いちゃおう。

Illustratorでクレヨンふうのラフな線を描けないかと研究した結果、こんなのが出来ました。

▲クレヨンふうのラフな線ブラシ

ブラシ機能で作成してます。アートブラシじゃなくて散布ブラシ。この方法なら、線をどんどん延ばしても変形しません。便利!
……というのは、イラレのプリセットに入っているブラシは、結局のところひとつの絵を線に沿って引き延ばしているだけなので、変形がひどくてぜんぜん応用が利かないんですね。

イラレのプリセットにあるブラシ(引き延ばしてるだけじゃん!)

それでは以下、つくりかたの紹介です。

クレヨンふうブラシのつくりかた

とりあえず適当にこんな形を作ります。大きさは2、3ミリぐらい。

ブラシパレットから新規ブラシで、こんな感じに設定を調節します。

この設定のキモは、

  • 間隔を狭めて密集させる
  • ぐるぐる回転させる

ってところです。


▲拡大するとキモいです。

▲でも、色を付けたらファンシーなイメージになるんですよ!

おまけ

それでは応用です。


たとえばこんな点々を登録すると……

▲点描みたいなのができますね。


こんな海藻みたいなかたちで……

▲ほら、かすれた感じの線ですよ。これは使えるんじゃね?