遠近法ノート(移転してきた)

本好きのデザイナー、西岡裕二の日記帳なのです。デザインと読書について書くはず。

ペアカーニングを使うとドロップシャドウが置いてけぼりになる。

IllustratorCS3で、効果のドロップシャドウを使用した文字列に対してペアカーニングを適用すると、ドロップシャドウだけが置いてけぼりになります。他のバージョンではどうだったかな。
上から、筑紫見出明朝、ヒラギノ明朝、リュウミン。カーニングを「自動」に設定しています。

緻密なペアカーニングが施されているフォントほど、影響は大きいです。こりゃなかなか痛いですねぇ。
まあ文字をアウトライン化すればいいって話ではありますが。
ちなみにリュウミンなどのモリサワフォントは、そもそもペアカーニング情報を持っていませんから、この問題には無縁です。