遠近法ノート(移転してきた)

本好きのデザイナー、西岡裕二の日記帳なのです。デザインと読書について書くはず。

最近買った本。

和田誠『装丁物語』、長友啓典『装丁問答』、臼田捷治『装幀列伝』、桂川潤『本は物である 装丁という仕事』。

装丁物語 (白水uブックス)

装丁物語 (白水uブックス)

装丁問答 (朝日新書)

装丁問答 (朝日新書)

装幀列伝―本を設計する仕事人たち (平凡社新書)

装幀列伝―本を設計する仕事人たち (平凡社新書)

本は物である―装丁という仕事

本は物である―装丁という仕事

いささか遅きに失した感があるけど装丁関係本をまとめて読みました。
それぞれ得るものはあったかな。
とくに、『装丁物語』は会社の本棚にずっと置いてあったような気がするわけだけど、和田誠氏のイラストにまったく惹かれるものがなかったので、スルーしてしまった。早く読んでおけば良かったと反省。