遠近法ノート(移転してきた)

本好きのデザイナー、西岡裕二の日記帳なのです。デザインと読書について書くはず。

文学フリマ無事に終えました。

なんと、完売しました!

「ふぉんと!」が完売したんです。やったね!

増刷するのよ。

いやー、11時から始まって、2時すぎくらいに全部なくなっちゃいました。忙しかったー。
お買い上げいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
そのあともたくさんの方がブースにいらしたのですが、とりあえず今はすみませんでしたとしか言えません……。

だいたい、あんたがびびってうんと刷らないからこういうことになるのよ。

いろんなことがあったなー。もっとゆったりできるかと思ってたら意外と忙しくて、一人だからブースを離れるわけにもいかず、会場を見て回ることはできなかったんだけども*1

  • 開場直後、中身も見ずに即買いしていったのはいったい何者?
  • 落とし物の手袋を受付まで届けに行った。5分かかっていないと思うが、その間に2冊売れていた。お隣ブースの方が対応してくれた。
  • 魔理沙さん*2が来てマジでテンパった。何を言ったかよく覚えていないぞ。
  • 対面販売とはいえ、いったいどういう人たちが買っていったのか謎。おそらく当サイトを知らなかった方が大半と思われる。
  • 別室の見本置き場で見て気に入って買いに来たという方もちらほら。
  • 本の内容をうまく説明できないもどかしさ!
  • 完売してからは見本を見てもらいつつ謝りっぱなし。これはなかなか辛かった。増刷希望も。
  • iPhone/iPad率高し、こういう場ではいろいろ使い道があるんだな。

増刷!増刷!
委託販売のお声*3もかかってたじゃないの。

そんなこともあったねえ……。
どうしようかなあ。増刷ねえ。
あれ、そういえば姉さん、あの例の問題はどうやって解決したらいいんだぜ?

それぐらいなんとかしなさいよ!
いっそこういうデザインですってことにすればいいじゃない。

その手があったか。

委託!委託!

それでは詳細報告です。

刷り部数 60部+予備1部
献本 4部
文学フリマにて販売 50部
見本 1部
残り 6部

正直なところ、この50部という部数は「まあまあ妥当な数字ではないか」と読んでいたのです。届いた現物を見て「やっぱり多かったかな」と思ったのも本当なんですけど、結果的には足りなかったわけです。100部だったら売れ残っていたかもわかりません。

それ増刷!増刷!増刷!増刷!

というわけで、今現在、手元には6部だけ残っています。
どーしても欲しいという方には直接販売しますので、メールにて。
先着順に受け付け、なくなり次第終了です。
メールで予約→●受付確認→発送先をメールにて知らせる→●確認・郵送にて発送→到着後、添付の振込先に代金振り込み……という感じの流れでいこうかと。
対応が遅くなるかもしれませんが、少数なものでご容赦を。代金は送料込み1000円ということで。
*4

ぞ・う・さ・つ!

……増刷して委託販売かあ。大丈夫なのかなあ。なんだか洒落では済まなくなってきたね。
この時期だし、もう来年でいいんじゃね?

何言ってるの。来年になったらアキバはコミケの新刊であふれちゃうのよ!

そーかー。それもそうだよね。

*1:http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20101205に感想リンク集があったよ。

*2:会場は原則コスプレ禁止のはずだが、その服のまま入場するならそれはOKである。

*3:営業も大変だなあと思いましたが、悪い気はしませんでした。

*4:12/11追記:残部も売り切れとなりました(増刷予定あり!)。